【長野県中野市ガソリンスタンド・衝突事故】原因や被害状況は?大型トレーラーが!?

スポンサーリンク

アタック速報です。

今回お伝えするニュースは長野県中野市でガソリンスタンドで起きた衝突事故についてです。

この事故は28日午前8時ごろ、ジェイエイアップル高丘サービスステーションで大型トレーラーが衝突しました。

事故が起きたのは、このガソリンスタンドですが、

一体なにが原因でこのようなことが起こってのでしょうか?

この事故について詳しく記事にしましたので是非ご覧ください。

衝突事故の報道について!

この衝突事故については、テレビ朝日系(ANN)で報道されました。

内容は以下の通りです。

長野県中野市でガソリンスタンドに大型トレーラーが突っ込み、運転手の男性が病院に搬送されました。

28日午前8時ごろ、「ジェイエイアップル高丘サービスステーション」で従業員から「大型トレーラーが突っ込んだ」と消防に通報がありました。トレーラーはガソリンスタンドの建物部分に衝突しました。巻き込まれた人はいませんでしたが、運転手の男性が体調不良を訴えて中野市内の病院に搬送されました。駆け付けた消防隊員に運転手の男性は「運転中にめまいがした」と話していたということです。警察は詳しい事故の原因を調べています。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200128-00000041-ann-soci

このような報道になっています。

なぜトレーラーがガソリンスタンドの建物部分突っ込んだのでしょうか?

まだ調査中ですのでしばらく様子見です。警察が詳しい事件の原因を調べているそうなので速報を待ちましょう。

スポンサーリンク

交通事故はどこで起きたのか

事故現場は、長野県中野市でガソリンスタンド「ジェイエイアップル高丘サービスステーション」です。

また、事故現場の「ジェイエイアップル高丘サービスステーション」はここだと思われます。

スポンサーリンク

事故の原因について。

事故原因は運転手の男性が「運転中にめまいがした」と言っていたので、それが何か関係あるかもしれません。

ドライブレコーダーの記録を見ればどちらが原因なのかわかると思います。

被害状況について

運転手の男性が病院運ばれた以外の被害は確認されていません。

詳しい状況は調査中です。

ネット上の反応は?

ネット上ではどんなことが言われているでしょうか?

運転手だけに健康面には気を付けないとはわかるんですが多少なら無理はしますよ。
どの仕事もそうだとは思いますが。
会社も一応は労務管理者や配車マンが確認することにはなってるんですよ。
経営者が人件費ケチるから対面でするべき事がおざなりになってるのが現実です。
運送業界が運賃や社員、ドライバーの待遇を改善しない限りこの手の事故は無くならないですね。
日本人の考え方が遅れてるから、運転士に負担がかかってくるんだよ。
運転士あっての運送会社だろ、なんで運転士にそこまでさせるのか理解できん。
社員を大切にしない会社は先が行き詰まるぞ。
きっとこの運転士も調子が悪かったのに会社にムリやり運転させられたんだろう。
自分もトラックの仕事をしておりますが、このような事故になってもおかしくなかった経験が有ります。このドライバーの方は突発的に体調不良になられたのかは不明ですが、1度遠方に走りだすと荷物を下ろしてトラックを車庫に返すまでは、普通のお仕事の方みたいに、具合悪いんで早退しますとはいきません。会社との暗黙のルールで何とか今日だけは頑張ってくれ!ってのがあると思います。延着しようが無理せず体調回復するまで休もうと思っても、どうしても無理をしてしまいます。トラックに乗ってる方は殆どの方そうだと思います。時間が不規則で過酷な仕事ですが、その中でも体調管理を徹底し、安全にハンドルを握れる状態で常に居る事も立派なプロの仕事のうちだと思ってます。同じ、トラック運転手の皆様、今日も明日も家族の為、自分の為に安全運転で頑張りましょう。もう少し国全体で運賃上げて欲しいものです。人手不足が無理をさせます。
他のコメントで健康管理とか言いたいことわかるがそれ以前に運送業界は人手が足りなくて代わりがいない。そんな中で少し体調が悪いとかの理由で休めるわけがない。
かといってドライバーを募集しようにも安い賃金じゃ誰も来ないし賃金を上げたくても荷主などのクライアントからは送料を叩かれギリギリの金額しかもらえない。
ネット通販では送料タダが当たり前みたいになっている今の時代、そのツケはどこにいっているんでしょうね。
突然のめまいですか・・・循環器系疾患の疑いがありますね。
健康管理や労務管理や過重労働などを指摘するコメントが見られますが、一昨日あたりの記事にもありましたように、健康診断の心電図などでは発覚せず、突然発症するケースもありますので、なかなか難しい話ですね。(私が心筋梗塞で倒れた時もそうでした)
自動車業界では自動運転の開発に躍起になっていますが、まずは運転を続ける技術ではなく、こういった突然運転が困難になった際に、車道左端へ安全に停止する技術の開発が先にあるべきではないでしょうかね。
鉄道のデッドマン装置のように。
乗用車なら自動ブレーキも効果あるんだろけど、積載状態のトラックに自動ブレーキをつけてパニックブレーキが作動したら荷崩れにより(荷物によっては)もっと大変な事になるからなかなかメーカーも実現できないんでしょ?。現状のトラックに装着してる衝突軽減ブレーキ(PCS)は自動ブレーキと考え方違うからね。

このようなコメントがありました。

コメント引用 https://headlines.yahoo.co.jp/cm/videomain?d=20200128-00000041-ann-soci

まとめ

運転手も疲れていてめまいが起こった可能性があります。

大型トレーラーの仕事は大変だと思いますし、そういう労働環境も変えてほしいところですね。

また、新しい情報が入り次第お伝えします。